保育士試験対策~これだけはやっておけ~

おいものっこの保育士試験対策 

※当ブログは広告が含まれています※

保育士試験【実技】ピアノ初心者のための練習方法

 【更新:2024年4月19日】   
                                                       
<※当ページはプロモーションを含みます>



こんにちは。おいものっこです。
今回は、保育士試験(実技)の課題曲をピアノで弾くにあたり、初心者向けにピアノ練習法、課題曲を弾くうえで気をつけるべきところなどを書いていきたいと思います。

私、おいものっこは、音楽の専門家ではありません。しかし、ピアノを15年近く習い、部活、サークルはずっと音楽部(部長経験あり)でしたので、少しでも皆様の力になれればと思い、書くことにしました。

著作権の関係で譜面は出せないですし、曲の詳細には言及しないです。
しかし、できれば、お手持ちの『夕焼け小焼け』と『いるかはザンブラコ』をピアノ(鍵盤)の譜面立てにおいて(まだ譜面をお持ちでない方は何の譜面でも結構です。)、その上でこのブログを見ていただけるとわかりやすいです。曲には言及しないので、譜面の指定はないです。




ピアノを弾くときの注意点



まずは、ピアノを弾く時のの注意点ですが、指を立てて弾くことです。
指を立てて鍵盤の真ん中で弾きます。隅っこだと隣の音が混ざってしまう場合があり、きれいに鳴りません。複数の音を同時に出すときはより注意が必要です。
このとき、爪がカチカチなってしまう人は爪が長すぎるか、指を立てすぎが考えられます。




曲の練習方法



続いて曲の練習方法です。

①譜面がちゃんと読める人はいいですが、あやふやな人はまず、YouTubeなどで、『夕焼け小焼け』『いるかはザンブラコ』を弾き歌いのものを見て曲の大体の骨格をつかむ。(その際、ご自身のお持ちの譜面と違っても大丈夫です。こんな感じかあというぐらいでいいです。)




②お手持ちの譜面の譜読みをする。その際、右と左別々にやる。声を出して、ドレミで歌ってみる(右も左も)。(ドレミが素早く読めない方は譜面に書き込んでおく)



※譜読みとは・・・
ココでの譜読みは、譜面を右手・左手、別々にドレミで譜面通りの正確なリズム、音符の長さで声に出して歌うこと。




※ドレミがうまく読めない方は、まずはト音記号のド、ソ、上のド、の3つを覚えましょう。そして同じように、ヘ音記号のド、ソ、上のド(=ト音記号のド)の3つを覚えましょう。それでそこから数えていけばいいです。段々慣れて分かるようになります。


休符に特に気を付ける、おろそかにしない。休符も声に出して読む(例:ウン・ド・ド)

メトロノームを使ってやる。ない方は、空いている手か足でメトロノームの代わりにする。

※速さは一応譜面に指定があるが厳密にそれに合わせる必要はない。子どもが歌いやすい速さの範囲なら問題ない。ただ、決めたテンポは最後までキープする。





③譜読みができたらまずは、右手だけ練習する。歌と右手が同じ流れの譜面をお持ちの方は、右手ができたら、歌もつけてみる。(指番号が混乱する人は譜面に書き込んでおく、決めた指番号で毎回弾くようにする)



④今度は左手だけで練習する。(こちらの指番号も混乱する人は書いておく)



⑤両手で練習する。両手で弾くことに慣れたら、右手ではなく、左手を意識して弾くようにする。



⑥慣れてきたら歌をつける。ゆっくりから練習し、だんだん速めていく。(どの段階でも必ずテンポはキープする)

※慣れてきたら、弾いている場所の譜面ではなく、その一小節先を見て次のことを考えながら弾きます。そうすると格段にミスが減ります。先へ先へ考えてください。






※何拍子かを意識しましょう。3拍子は、「ずんちゃっちゃ」が基本で1拍目だけ大きく、強弱弱で弾きます。2、3拍目は軽い感じで。

※保育士試験、というか子どもが歌うための演奏という特性上、強弱、緩急はつけすぎないほうがいいと思いますが、歌の流れに合わせて歌うように強弱、緩急をつける。

※せっかく2曲あるので、雰囲気を変えてそれぞれの世界観が出せるといい。





<本番について>


※本番がグランドピアノになる方もいますが、音が大きいので、自分の声が小さいように感じてしまうかもしれませんが、割と自分が感じているよりも出ているようです。思い切って大きな声で歌いましょう。

※本番前にハンドクリームなどを塗るのはNGです。あと、本番直前に手を洗うと油分が抜けているせいか、弾きにくくなる可能性があるので、できれば控えたほうが良いです。



 

ピアノの説明ばかりをしてきましたが、保育士試験としては、演奏よりも歌のほうを重視するようです。本番は、演奏でつまずいても何とか続けて大きな声で元気よく歌が途切れないようにして下さい。

実技試験にはまだ少し時間がありますが、余裕を持って今のうちから練習しておきましょう。








★まだ『夕焼け小焼け』と『いるかはザンブラコ』の譜面をお持ちでない方に2パターンのおすすめの譜面を紹介します★

パターン1

<㏚>

いちばんやさしいピアノ伴奏 こどものうた136


『夕焼け小焼け』も『いるかはザンブラコ』も載っています。
どちらの曲の楽譜も前奏有りです。
計136曲の楽譜が収められているので、楽しめますし、今後の役に立ちます。
2曲とも、右手が歌と同じ流れなので、分かりやすく歌と合わせやすい。


<PR>  上記と同じシリーズの旧版です。
『夕焼け小焼け』と『いるかはザンブラコ』は上記と同じ譜面載っています。

いちばんやさしいピアノ伴奏 こどものうた131

 

 

 

パターン2
<PR>

ヤマハ「ぷりんと楽譜」 は、一曲から買えます。
『夕焼け小焼け』、『いるかはザンブラコ』の譜面、両方ともあり、自宅プリンターやコンビニで簡単に印刷できます。

『いるかはザンブラコ』(ト長調)ピアノ(ソロ)初級、『いるかはザンブラコ』(へ長調)ピアノ(ソロ)初級については、各商品ページの真ん中あたりに譜面の演奏動画がついています。

いろいろ譜面がありますが、
おすすめは、
夕焼け小焼け ピアノ(弾き語り)初級 
いるかはザンブラコ(ト長調) ピアノ(ソロ)初級
いるかはザンブラコ(ヘ長調) ピアノ(ソロ)初級 

になります。
上記の三つも右手と歌が同じ流れのタイプで弾きやすいです。



※月額制のサブスクリプションサービスもありますが、おすすめに挙げた上記の3曲には、対応していませんのでご注意ください。

(2024月4月19日現在)



 

 


★難易度としては、『夕焼け小焼け』は、パターン1もパターン2も同じくらい。『いるかはザンブラコ』に関しては、パターン1の方が少し難しいです。ピアノ経験がある人にはパターン1、ピアノ経験がなく心配な方はパターン2をおすすめします。

商品の紹介は以上になります。



※例年通りであるならば、
音楽の課題曲、言語の課題は前期と後期が同じ。
造形は毎回(前期後期も)テーマが違う。
しかし、「後期試験の概要」の公式の発表はまだなので、その点はご了承くださいますようお願い申し上げます。




実技試験は、毎年合格率が筆記試験と比べて高いので甘く見る人がいるようですが、
早め早めでコツコツと対策を練ることが賢明です。


頑張りましょう。



今回はこれで終わります。